予防接種とは

内科のイメージ写真

当院は成人向けの予防接種として、インフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っています。
ワクチン接種をご希望される方は、個別にご相談ください。

なお野木町では、主に高齢者の方を対象にしたインフルエンザ予防接種と肺炎球菌予防接種(定期接種)を実施しており、費用の一部を助成しています。
対象となる方や費用など詳細につきましては、野木町の公式ホームページをご覧ください。
野木町の予防接種

当院で行っているワクチン接種

インフルエンザワクチン

予防対策がいくつもあるインフルエンザですが、その中で最も効果が高いとされているのがインフルエンザワクチンの接種です。
ただ同ワクチンは単に接種するのではでなく、より有効にするためには、例年の12月~翌3月頃までの流行する時期より前に接種します。
また、1回の接種による持続期間は約5ヵ月、接種後に効力が発揮するまでに約2週間の期間が必要といったことから11月初旬頃までに接種されることをお勧めします。

なお接種後も決して油断はせず、うがいや手洗いなどの予防対策は引き続き行ってください。

またインフルエンザウイルスは、毎年少しずつ特徴を変えて違うタイプが流行していきます。そのためインフルエンザワクチンの予防接種は、毎年接種するようにしてください。

肺炎球菌ワクチン

細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して増殖、それによって炎症が起きてしまうのが肺炎です。病原微生物が肺に感染することは珍しいことではありませんが、全身の免疫力が低下すると、感染しやすくなります。

なお肺炎は、高齢者の方や基礎疾患をお持ちの方が発症しやすく、一度罹患してしまうと治りにくいという特徴があります。
主な症状は、発熱、激しいせき、たん、胸痛、息切れなどで、そのほかにも疲労感、頭痛、発汗、吐き気、筋肉痛、腹痛、下痢などがみられることもあります。

なお肺炎の原因となる病原微生物には様々なものがありますが、高齢者がかかりやすい原因菌が肺炎球菌です。
また肺炎は日本人の死因第5位(2017年(平成29年)厚生労働省「人口動態統計」より)の疾患ですが、同疾患で死亡する95%以上の方が65歳以上の高齢者です。
このようなことから多くの自治体で高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種は公費助成となっています。対象となる方はできるだけ接種するようにしてください。
また対象年齢以外の方でも全額自己負担にはなりますが、接種することは可能です。

この肺炎球菌ワクチンを接種することで、最も罹りやすいとされる肺炎球菌による肺炎のリスクを低減させるほか、万一感染したとしても重症化が避けられるようになります。

なお肺炎球菌ワクチン接種による注意点ですが、接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出ることがあります。再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。